姪浜宿(めいのはま)[唐津街道] 旧:筑前国早良郡姪浜村 現:福岡市西区姪の浜

概要

  • マイヅル味噌蔵隣の姪浜宿案内所の看板
    マイヅル味噌蔵隣の姪浜宿案内所の看板 
  • 妙見岬(その向こうに霞んで見えるのが能古島)
    妙見岬(その向こうに霞んで見えるのが能古島) 
  • 生の松原 - 前方の山が長垂山
    生の松原 - 前方の山が長垂山 
  • 生の松原の壱岐神社の一の鳥居
    生の松原の壱岐神社の一の鳥居 

姪浜(めいのはま)は大型商港姪浜浦に接し、商船で栄えた商人町と、 漁業で栄えた漁師町、それに宿場町が雑居し「姪浜千軒」といわれ繁栄していた。

長崎警備の福岡藩、参勤交代の時の唐津藩の大名行列、幕府の要人などの多数の旅人が往来した。

製塩も盛んで良質の姪浜塩は高級品であったと言う。

筑前國続風土記』巻之20 早良郡上 ○姪浜 の項に下記の内容の記述がある。そのまま引用する。 ふりがな、段落は作者が挿入した。

(あこめ)の濱と云しとかや。 八幡記に、神宮皇后三韓を退治し給ひて御帰の時、 12月4日、此所に着給ひて、袙の御衣を干給ひけるによりて、 袙の濱と號すと云。

何の頃より姪濱と云来しにや。 今は丸隈山中隈山の間の濱を袙濱と云。 是神功皇后より上らせ給と云。

村より(ここ)に道筋有。 凡姪濱は福岡博多の外、國中第一の廣邑にて、 町廣く人家多し。 北条家鎌倉の執権の時は、筑前に探題職を置、 鷲尾山則其居城成しかば、 此邉は則國の府の邑にて繁榮せしとかや。

此所北に山五有。 東を浦山と云。 是鷲尾山[1]と云。 宗祇の筑紫紀行にも、この浦山の景色を譽めたり。 浦山の西に山有。

上に城址有。興雲寺山と云。 是渋川探題の城也と云。 後は斯波左京太夫住せり。 上に毘沙門堂あり。

其西なる山を丸隈山と云。 丸隈山中隈山との間の濱、古より土手有。 其西に小戸山有。 中隈山に並て海邊也。 中隈と小戸の間をおはまと云。

小戸の西を妙現崎[2]と云。 則妙現の社[3]有。 此地平なる岩也。 百合若大臣の馬の足型と土民の稱するくぼりたる所多し。

妙現の西の濱をくすの濱と云。 生の松原に續けり。 此三の濱共に蒙古を防し石塁今に残れり。 町の北を廻れる川を長柄川と云。源なし。

姪濱の町より南に隈山有。五島山有。

姪濱の内に凡寺17區あり。 その内眞言2、天台1、禪宗10、浄土宗1、眞宗3有。 神社5區、叢祠18宇有。

時代は『筑前国続風土記』より100年余降るが、『筑前国続風土記拾遺』巻之43 早良郡 上 姪濱村并浦に当時の賑わいの様子がよく描かれている。

民居は本村上野間町 下野間町 宮前 北小路 新町 三ヶ町 魚町 當方(とうぼう)[4] 旦過町 畠町 弥丸町 西町 又浦分に東網屋 西網屋ノ都合14丁あり。 愛宕下元禄14年(1691)始て民家建岳山此処の人家は尤古し。今は(わずか)に2戸あり。等なり。

廣村東西6町南北4町にして商農工商漁夫雑居して生産豊賑にして西郡の咽喉なり。

城下より肥前國長崎平戸唐津等にいたる宿驛福岡魚町の四辻に至て1里9町志摩郡今宿驛に至て1里11町あり。 にして國君の行館あり。 又海辺には舩入ありて常に旅商の舩絶ることなし。

村の四辺に東より西に連りて小山あり。 所謂浦山即愛宕山なり。興雲寺山浦山の西に續く丸隈山道場山とも云。 中隈山小戸山あり。以上海辺なり。 南に隈山今興徳寺山といふ。五塔山以上は田間にあり。又茶臼山百坊山ほとけ山等あり。

(あこめ)濱の名ハ丸隈山と中隈山との間にあり。今ハアクマ濱といふ。宗像社古縁起に皇后御帰坐之時2月4日筑前國早良郡姪濱仁着給。御衣裳を干されし所を(あこ)と申。八幡愚童記にハ12月4日に着給ひ袙云々。とあり。 又男濱中隈と小戸との間木津濱古湊小戸山と妙見との間也なと濱辺に在。

村の東に室見川あり。西に長柄(ナガラ)川十郎川あり。(後略)


巻三 姪浜町(巻之3早良郡)
巻三 姪浜町(巻之3早良郡)
『筑前名所図会』
巻三 興徳寺・塩浜の図 能古嶋・生松原解説(巻之3早良郡)
巻三 興徳寺・塩浜の図 能古嶋・生松原解説(巻之3早良郡)
『筑前名所図会』

右の名所図絵は左右が連続して描かれている。 東構口の手前には万正寺が描かれている。

海晏山 興徳寺の後方に立つ煙は石炭が燃えているものである。 西構口の様子もよく描かれている。

Links

唐津街道姪浜まちづくり協議会

ルート

愛宕神社表参道口→蛇岩→東構口跡→石城戸邸→マイヅル味噌蔵・姪浜宿案内所→住吉神社→法蔵院→照林寺→地蔵堂→西構口跡→興徳寺橋→小戸大神宮参道口→壱岐神社→藥水→今宿


愛宕神社表参道口 標高:3.9mMAP  4km以内の寺院検索

一の鳥居の前の街道 - 東構口に向かって撮影
一の鳥居の前の街道 - 東構口に向かって撮影 
一の鳥居
一の鳥居 
巻三 愛宕山・竹の山(巻之3早良郡)
巻三 愛宕山・竹の山(巻之3早良郡)
『筑前名所図会』

室見橋を渡った旅人はこの愛宕神社に参拝し、唐津方面への旅の無事を祈ったことであろう。

現在のこの街道付近は国道202号線が走り、車の往来が激しい。

右の『筑前名所図会』では、室見橋、愛宕神社の位置関係がほぼ現在のまま描かれている。


蛇岩(じゃいわ) 標高:4.1mMAP  4km以内の寺院検索

  • 蛇岩
    蛇岩 
  • 蛇岩前の街道 - 東構口に向かって撮影
    蛇岩前の街道 - 東構口に向かって撮影 

愛宕神社・観音寺参道の石段脇にある。 愛宕山はその昔は砂岩でできた海の中の島であった。 海に侵食された跡のようである。 『筑前名所図絵』(1800年前半)では、このあたりはすでに陸地のようである。 『福岡市政だより』付西区版によると蛇岩にまつわる悲しい恋愛物語が残っているという。

昔、室見川沿にある竹浜村と宝来村が愛宕山を挟んで対立していました。 互いの村では縁組も厳しくいさめられていました。

ある日、竹浜村の娘がヒメユリを探していると、 そこに宝来村の若者がイノシシを追ってやってきましたが、 勢い余って谷に落ちてしまいました。 娘は若者を介抱し、二人は恋仲になりました。 しかし、このことが村人に知られ、二人はす巻にされて海に投げ込まれてしまいます。

その後若者と娘は海中でヘビになり、 夜になるとその二匹のヘビがここに遊びに来て、 それが岩になったといわれています。


構口(かまえぐち)跡 標高:3.8mMAP  4km以内の寺院検索

  • 東構口
    東構口 

筑前名所図会』を見ると立派な練塀が描かれているが、碑文など何も残っていない。 道路をへだてたところに万正寺を残すのみである。


石城戸邸 標高:3.3mMAP  4km以内の寺院検索

  • 石城戸邸(写真右) - 今宿に向かって撮影
    石城戸邸(写真右) - 今宿に向かって撮影 

石城戸邸の案内板によれば、このあたりは新町という町名であったという。 石城戸邸のすぐ西側は白毫禅寺の山門である。


マイヅル味噌蔵・姪浜宿案内所 標高:3.1mMAP  4km以内の寺院検索

  • マイヅル味噌蔵 - 今宿に向かって撮影
    マイヅル味噌蔵 - 今宿に向かって撮影 
  • 宿場内の旧町名の案内札
    宿場内の旧町名の案内札 

マイヅル味噌蔵の建物は1863年築のものという。 その西隣の窯蔵(パン屋)では「みそメロンパン」が人気があるとか。 お店に入ると味噌の香りがプーン。作者も購入して食べてみたが味噌の味はほとんどなく、甘さを控えたおいしい味であった。

味噌蔵の東隣は唐津街道姪浜まちづくり協議会の案内所となっている。

宿場内の要所には同組織によって旧町名の案内札が設置されている。散策する人の手助けになる。感謝感謝。


住吉神社 標高:2.7mMAP  4km以内の寺院検索

住吉神社
住吉神社 
住吉神社前の街道 - 今宿に向かって撮影
住吉神社前の街道 - 今宿に向かって撮影 
境内のうさぎの石像 - 子作りに励んでいるような
境内のうさぎの石像 - 子作りに励んでいるような 
姪浜村図(右側に住吉神社が描かれている) - 『筑前國続風土記附録』挿絵
姪浜村図(右側に住吉神社が描かれている) - 『筑前國続風土記附録』挿絵 

住吉神社のあたりには、 制札所(せいさつしょ)人馬継所(じんばつぎしょ)などがあったと言う。

まだ商家などが点在し当時の雰囲気を残している。


法蔵院 標高:2.1mMAP  4km以内の寺院検索

  • 法蔵院前の街道 - 今宿に向かって撮影
    法蔵院前の街道 - 今宿に向かって撮影 

法蔵院の付近には、大名が宿泊するときの本陣となる御茶屋があったという。


照林寺 標高:2.1mMAP  4km以内の寺院検索

    照林寺は寶珠山と号し、臨済宗大徳寺派の寺院である。


    地蔵堂 標高:2.1mMAP  4km以内の寺院検索

    森住邸
    森住邸 
    地蔵堂前の街道(写真右手が地蔵堂) - 西構口に向って撮影
    地蔵堂前の街道(写真右手が地蔵堂) - 西構口に向って撮影 

    地蔵堂の少し手前には古い商家(森住邸)がみられる。


    西構口跡 標高:2.5mMAP  4km以内の寺院検索

    西構口(向かって右は国道202号線 - 姪浜宿に向かって撮影
    西構口(向かって右は国道202号線 - 姪浜宿に向かって撮影 
    西構口 - 唐津側に向かって撮影。白い車あたりが構口
    西構口 - 唐津側に向かって撮影。白い車あたりが構口 
    西構口付近の石(当時の石組跡か)
    西構口付近の石(当時の石組跡か) 

    唐津に向かって右側に町屋風の建物がある。そのすぐ先で明治通りと合流する。 写真の石は、合流地点の道脇にある。

    ここのR202(明治通り)を跨いだ南側には海晏山 興徳寺が伽藍を構えている。 ここより街道はR202と合流し、名柄川に架かる興徳寺橋を渡る。


    興徳寺橋 標高:2.7mMAP  4km以内の寺院検索

    興徳寺橋 - 下流より撮影
    興徳寺橋 - 下流より撮影 
    橋脇に立つ庚申塔
    橋脇に立つ庚申塔 
    名柄川(左手は興徳寺のある森) - 興徳寺橋より撮影
    名柄川(左手は興徳寺のある森) - 興徳寺橋より撮影 
    興徳寺 姪濱の図
    興徳寺 姪濱の図
    『筑前名所図会』

    街道はここで名柄川(ながらがわ)を渡る。 興徳寺橋の東側の親柱脇には庚申塔が建てられている。

    興徳寺は海晏山と号し、臨済宗大徳寺派の寺院である。 この橋より、国道202号線(通称:明治通り)沿いに100mほど東進した所に伽藍を構えている。


    小戸大神宮参道口 標高:3.8mMAP  4km以内の寺院検索

    巻三 小戸大神宮・能古嶋・生松原・今宿驛(巻之3早良郡)(小戸大神宮は図右端)
    巻三 小戸大神宮・能古嶋・生松原・今宿驛(巻之3早良郡)(小戸大神宮は図右端)
    『筑前名所図会』
    「小戸大神宮参詣道」碑
    「小戸大神宮参詣道」碑 
    参道口前の街道 - 今宿駅に向かって撮影
    参道口前の街道 - 今宿駅に向かって撮影 
    本殿
    本殿 
    拝殿
    拝殿 
    参道(鳥居は安正4年(1857)銘)
    参道(鳥居は安正4年(1857)銘) 

    小戸大神宮はここより北方1km足らずの位置に鎮座。 ここより大神宮迄の間は宅地開発が進んでおり、当時の参道は消失している。

    大神宮は、昔の規模はもっと大きなものであったと思われる。 安正4年1857銘の鳥居のみが、当時の面影を残している。

    現在大神宮周辺は小戸公園となっている。


    壱岐神社 標高:5.3mMAP  4km以内の寺院検索

    逆松 - 一の鳥居より20mほど東側
    逆松 - 一の鳥居より20mほど東側 
    壱岐神社全景
    壱岐神社全景 
    壱岐神社一の鳥居の先の博多湾
    壱岐神社一の鳥居の先の博多湾 
    壱岐神社参道とR202の交差点付近
    壱岐神社参道とR202の交差点付近 
    壱岐神社参道とR202の交差点 - 壱岐神社本殿を背にして撮影(車が走っている道路がR202)
    壱岐神社参道とR202の交差点 - 壱岐神社本殿を背にして撮影(車が走っている道路がR202) 

    国道200号線に沿ってきた街道は、壱岐神社の参道との交差点で今宿に向かって直角に右折する。 当時の旅人はこの辺より右手におだやかな博多湾・左手に松原を見て唐津に向かったのであろう。

    下に壱岐神社前の案内板の内容を記す。

    『日本書紀』によれば、武内宿禰(たけうちのすくね)の身代わりとして亡くなった 壱岐直真根子(いきのあたいまねこ)を御祭りした社とされています。 (いき)の松原の地名は、神宮皇后が松を逆さまにさして戦勝を占った際、 その枝が生きて栄えた伝説に由来します。 現在、海岸には「逆松」の石碑と共に、逆松にそって生えたとされる松が残っています。 この辺りは古くから名所として知られ、 文明12年1480連歌師宗祇(そうぎ)1421-1502もこの地を訪れ歌を詠みました。

    「逆松」は壱岐神社一の鳥居の左側のすぐ東側にある。根元に石碑があるのですぐ確認できます。

    ここより東約600mほどの海岸沿には、元寇防塁跡の石組が残っている。

    『筑前國続風土記』巻之20 (いき)の社の項の末尾に「此社と逆松との間に、秀吉公文禄元年1593朝鮮征伐の為、肥前名護屋に至り給ふ時、休ませ賜ひし茶店の址有。此神異国退治に陪従有し故、その吉例を思ひ出て、御祈願有しと云。」とある。 今となってはその茶店の跡を探すことは困難だろう。


    薬水 標高:12.4mMAP  4km以内の寺院検索

    筑前国続風土記拾遺』巻之48 志摩郡 上 青木村 長垂山の項に「七寺川より以東小濱に至る(まで)の山の惣名なり。 大刀洗川常には水なし。薬水井筒径1尺5寸はその間の道筋にあり。往還の眺望誠に佳境なり。(以下略)」 とある。

    ここで、"大刀洗川"とは、長垂山の東山裾を流れる小川のこと。 少し乱暴ではあるが、当時の街道はその前後のルートは消失してしまっているが、薬水の前を通過していたのであろう。 薬水[今宿]参照のこと。

    街道はこの先しばらく消失している。 『筑前國続風土記』()巻之23志摩郡の項にその消失した所あたりと思しき記述が見える。

    長垂(ながたり)

    (前略)今は海に近き山の側を通路とす。北望千里海濱 の佳景異なる地也。 近代乱世の時節は、此山に盗賊多く隠れ居て、道行人を悩しけるとかや。 其時節盗賊の切たる太刀を流し所迚、大刀洗川と云谷川有り。小流也。 近年は太平日久敷して、山に緑林絶、憂へ恐るべき事なし。 (攻略)

    街道はこの先は今宿に向う。