箱崎宿(はこざき)[唐津街道] 旧:表糟屋郡箱崎村 現:福岡市東区箱崎HAKOZAKI STATION

概要

  • 筥崎宮一の鳥居
    筥崎宮一の鳥居 
  • 箱崎八幡宮図 - 	『筑前國続風土記附録』挿絵
    箱崎八幡宮図 - 『筑前國続風土記附録』挿絵 

箱崎は福岡・博多の東側の玄関口の役割を果たしていた。 藩主が参勤の為江戸に向かう時には、福岡城からここまでは立派な大名行列装束で 行進。ここで旅装束に着替え筥崎宮に参拝し江戸に向かった。 帰国の際には、家老・主な家臣・お目見えをゆるされた町民などがここに集まり迎えた。

箱崎宿の御茶屋は、箱崎2丁目10番にある天満宮の付近にあったという。 (箱崎御茶屋 | 唐津街道研究所を参照のこと。)

『筑前國続風土記拾遺』巻之39 表糟屋郡 上 箱崎村の項に下記の記載がみられる。 当時はかなりの規模の村であったようである。箱崎の名の由来も記載されている。

民居本村 原田枝郷 浦分等にあり。 青柳宿より博多へ至る官道の駅也。 廣村にして村浦人家(およそ)450軒(ばかり)有。(中略)

昔ハ那珂郡の内なりしか、いつの(ころ)より糟屋郡にハ属しけん。慶長の郡村帳に既に糟屋郡に入たり。 箱崎と云由ハ、往古八幡大神降誕の時、御胞衣を筥にして此浦に蔵めしよりおこる名と云。 其昔ハ葦津浦といひけるとなん。 崎とハ此地東北の入海多々良潟也南に周りて糟屋郡と古しへハ入海を隔たり。 因て博多の方より砂土東北に連り全く海中の崎なりしか、後世漸く海浅せて数村の佃となりしより、此地糟屋郡と土地連りて遂にハ(かの)郡に属せしと見へたり。 此処のミならす國中の海邉にハかかる地理の所多し。

ルート

東構口跡 → 勝楽寺前 → 玉取恵比寿社前 → 西構口跡 → 筥崎宮前 → 郡境石 → 博多曲物柴徳前 → 箱嶋邸 → 九大病院正門前 → 崇福寺前 → 石堂橋口 → 博多


東構口跡 標高:5.2m MAP  4km以内の寺院検索

箱崎御茶屋 | 唐津街道研究所によればこの付近に東構口があったという。


勝楽寺前 標高:5.6m MAP  4km以内の寺院検索

  • 手前がR21。街道は写真中央のサイクルショップの前へとカーブする。
    手前がR21。街道は写真中央のサイクルショップの前へとカーブする。 
  • 勝楽寺前の街道-博多に向って撮影
    勝楽寺前の街道-博多に向って撮影 

ここまで西に向っていた街道は勝楽寺の所で直角に左に曲がる。 ここからの道幅は4.5m(=2間半)と昔の道幅に近い道となる。


玉取恵比寿社前 標高:5.9m MAP  4km以内の寺院検索

  • 玉取恵比寿社
    玉取恵比寿社 
  • 玉取恵比寿社前の街道 - 博多に向かって撮影
    玉取恵比寿社前の街道 - 博多に向かって撮影 

玉取恵比寿社は筥崎宮の末社である。 毎年1月3日に行われる筥崎宮の伝統行事である玉取祭(通称:玉せせり)の出発点である。

筑前國続風土記拾遺』巻之39 表糟屋郡 上 箱崎村の八幡宮の項に 「恵比寿社馬場丁に在。正月3日の玉取ハ此社より本社まで村民争いとる。」とある。

このあたりから博多まではほぼ直線コースである。

玉せせり行事の詳細は筥崎宮玉取祭(玉せせり)・福岡地域別探検に写真が多数掲載されている。


西構口跡 標高:4.5m MAP  4km以内の寺院検索

箱崎御茶屋 | 唐津街道研究所によればこの付近に西構口があったという。


筥崎宮前 標高:3.3m MAP  4km以内の寺院検索

一ノ鳥居前
一ノ鳥居前 
一ノ鳥居前の街道-博多に向って撮影
一ノ鳥居前の街道-博多に向って撮影 
伝千利休奉納の石灯籠(観応元年の銘)
伝千利休奉納の石灯籠(観応元年の銘) 
玉せせりの玉-本殿に向って右手に安置されている
玉せせりの玉-本殿に向って右手に安置されている 
箱崎八幡宮図1(巻之9糟屋郡)
箱崎八幡宮図1(巻之9糟屋郡)
『筑前名所図会』
箱崎八幡宮図2(巻之9糟屋郡)
箱崎八幡宮図2(巻之9糟屋郡)
『筑前名所図会』
箱崎八幡宮図3(巻之9糟屋郡)
箱崎八幡宮図3(巻之9糟屋郡)
『筑前名所図会』
箱崎八幡宮図4(巻之9糟屋郡)
箱崎八幡宮図4(巻之9糟屋郡)
『筑前名所図会』

街道沿いの鳥居は慶長14年1609黒田長政により建立された。

写真は放生会(ほうじょうや)の時に撮影。 普段は、人通りはあまり無いが、放生会の時期は夜店も参道の両側に多数出てかなりのにぎわいである。

筑前名所図会』には当時のにぎわいの様子がよく描かれている。

筥崎宮については筥崎宮 | 神社めぐり参拝帳に詳しい記事がある。

筥崎社の門前には恵光院、その南隣には妙徳寺が伽藍を構えている。両寺とも黒田家ゆかりのお寺である。


郡境石 標高:2.7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 郡境石前の街道 - 福岡に向かって撮影
    郡境石前の街道 - 福岡に向かって撮影 
  • 郡境石
    郡境石 

"従是東糟屋郡(これよりひがしかすやぐん)"

側面に「文久元年1804」の銘が見える。

居酒屋横にひっそりと立っている。しかも、電柱の裏手。よく見ていないと見逃す。

ちなみにこれより西は"那珂(なか)郡"である。


博多曲物(まげもの)柴徳前 標高:2.9m MAP  4km以内の寺院検索

  • 柴徳前の街道 - 福岡に向かって撮影
    柴徳前の街道 - 福岡に向かって撮影 

曲物とは薄く削ったスギやヒノキの板材を曲げ、重なった部分をサクラの皮でとじ合わせた容器のこと。 米びつ、茶びつ、弁当箱、膳などに使用されている。


箱嶋邸 標高:3.6m MAP  4km以内の寺院検索

  • 箱嶋邸
    箱嶋邸 
  • 箱嶋邸前の街道 - 福岡に向かって撮影
    箱嶋邸前の街道 - 福岡に向かって撮影 

箱嶋邸の周辺は新しい店舗がたちならんでいる。そこにポツンと建っている。国の登録有形文化財とのことである。


九大病院正門前 標高:6.4m MAP  4km以内の寺院検索

利休釜掛の松
利休釜掛の松 
函林松下神屋宗堪 獻茶於殿下(巻之9糟屋郡)
函林松下神屋宗堪 獻茶於殿下(巻之9糟屋郡)
『筑前名所図会』

病院敷地内に"利休釜掛の松"がある。 松は二本。400年前より生えている松とは考えにくい。 植え替えられたのであろう。

下に案内板の内容を記載する。

利休釜掛の松

天正15年1587、九州平定を終え筥崎宮に滞陣した豊臣秀吉は、 小寺休夢(こでらきゅうむ)(福岡藩の藩祖黒田如水の叔父)らと和歌を詠じ、 茶人千利休や博多の豪商神屋宗湛(かみやそうたん)らと茶会を催しました。 その際、利休は秀吉の命により、この地の松に鎖を吊して雲龍(うんりゅう)の小釜をかけ、 白砂の上に散り敷いた松葉を集めて湯をわかしたと伝えられています。

福岡市


崇福寺前 標高:5.2m MAP  4km以内の寺院検索

  • 門前の風景
    門前の風景 
  • 門前の街道 - 博多に向かって撮影
    門前の街道 - 博多に向かって撮影 

崇福寺については崇福寺[臨済宗大徳寺派]をご覧ください。


石堂(いしどう)橋口 標高:7.7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 石堂橋 - 博多に向かって撮影
    石堂橋 - 博多に向かって撮影 
  • 石堂橋(写真奥) - 博多に向かって撮影
    石堂橋(写真奥) - 博多に向かって撮影 

写真の石堂橋を渡った左手のお寺が一行寺である。 この橋を渡るといよいよ博多の町である。

石堂橋を50mほど川を降ると石堂()橋がある。"大橋"は近年造られた橋である。お間違えなきように。

篠栗へ通じる旧篠栗街道はここが起点である。