青柳宿(あおやぎ)[唐津街道] 旧:筑前国裏糟屋郡青柳町 現:古賀市青柳AOYAGI STATION

概要

案合板(1700年ころの街並みの復元図)
案合板(1700年ころの街並みの復元図) 
灯篭
灯篭 
商家
商家 

ここでは青柳宿より次の香椎宿の手前までを記載する。

案内板をそのまま記す。

唐津街道は豊前(ぶぜん)小倉から肥前唐津(ひぜんからつ)までの街道で、 長崎街道に対して内宿(うちじゅく)通りと呼ばれました。青柳宿は慶長10年1605 ごろ川原村(かわばるむら)の住民によって上町が、青柳村良仙寺(りょうせんじ) の住民によって横町ができ、寛永2年1625に青柳村古屋敷の住民によって下町・仲脇が つくられ本町が出来上がり、承応(じょうおう)2年1653には新町が加わり、 宿場としてほぼ整いました。

宿場は長さ244間(444m)あり、出入り口に構口(かまえぐち)が設けられ、現在、 西の構口の石積みが残っています。宿には藩主が宿泊・休憩する御茶屋(おちゃや) がありました。また町茶屋(まちちゃや)は上と下に二軒あり、藩主の従者や 武士たちが利用しました。

宿の最盛期には103軒ほどありましたが、江戸時代を通じて84軒前後でした。 江戸時代に二回、明治初年に一回の大火に見舞われています。 唐津街道は黒田藩・唐津藩が参勤交代で通り、文政8年1825からは、薩摩藩も通って います。

参考資料:『筑前国続風土記拾遺』巻之42

ルート

東構口 → 為息庵 → 託乗寺 → 青柳醤油 → 西構口 → 橋本橋 → 五所八幡宮 → 青柳大日如来 → 長泉寺 → 地蔵堂 → 大師堂 → 太閤水 → 祥雲寺 → 夜泣き観音 → 和白入口 → 駕篭立場跡 → 浄光寺 → 石原橋 → 香椎


東構口 標高:13.6m MAP  4km以内の寺院検索

東構口付近 - 畔町宿に向かって撮影
東構口付近 - 畔町宿に向かって撮影 
天満宮手前の水車
天満宮手前の水車 
天満宮 - 畔町に向かって撮影(水車はすぐ右手にある)
天満宮 - 畔町に向かって撮影(水車はすぐ右手にある) 

石碑など何も残っていないため正確な場所が特定できない。

東構口を出て、青柳交番横を35号線を越えると小路があり、40mほどを行くと 天満宮がある。横に川が流れ、夏場は子供たちが水遊びをする。また、水車も 回っている。


為息庵(いそくあん) 標高:12.8m MAP  4km以内の寺院検索

  • 為息庵の仏様達
    為息庵の仏様達 
  • 為息庵
    為息庵 

宿場は為息庵を右に見て宿場内へと進む。 前のR536はかなり車の往来が激しい。

作者はよく為息庵の前を通る。急な雨の時は作者は何度か雨宿りをさせていだいた。


託乗寺 標高:12m MAP  4km以内の寺院検索

  • 託乗寺前 - 写真前方が青柳醤油
    託乗寺前 - 写真前方が青柳醤油 

ここより西構口までは古い街並みが点在している。 到關山 託乗寺も参照のこと。


青柳醤油 標高:12m MAP  4km以内の寺院検索

  • 正面が醤油屋 - 畔町宿に向かって撮影
    正面が醤油屋 - 畔町宿に向かって撮影 

街道は、ここで次の香椎宿に向かって大きく右にカーブする。防衛上の設計であろう。

伊藤氏メモ青柳醤油は大正5年創業の老舗醤油屋。青柳宿の御茶屋(本陣)跡に、格子の戸を残した景観で佇んでいる。()


西構口 標高:9.9m MAP  4km以内の寺院検索

石碑
石碑 
西構口 - 向かって右手に石碑が見える。宿内に向かって撮影
西構口 - 向かって右手に石碑が見える。宿内に向かって撮影 
西構口の石組
西構口の石組 
構口の練塀
構口の練塀 

宿内に向かって右側に構口の石組が保存されている。また、左側に練塀が保存されている。

伊藤氏メモ道向かいには[青柳村役場跡]の碑がありました。()


橋本橋 標高:10.4m MAP  4km以内の寺院検索

  • 橋本橋-香椎に向かって撮影
    橋本橋-香椎に向かって撮影 

この辺は、ほとんどが田んぼである。橋を渡るとすぐ左手に青柳小学校がある。 前方の山は丘越山と思われる。


五所八幡宮 標高:12.8m MAP  4km以内の寺院検索

拝殿
拝殿 
拝殿と本殿
拝殿と本殿 
鳥居
鳥居 
五所八幡宮図 - 『筑前國続風土記附録』(中)挿絵
五所八幡宮図 - 『筑前國続風土記附録』(中)挿絵 
「樹齢1000年のクス」
「樹齢1000年のクス」 
クス
クス 
参道
参道 
クス(「ムーミンのねぐら」)
クス(「ムーミンのねぐら」) 
クス
クス 
クス
クス 
街道を渡った所の石橋 - 青柳宿に向かって撮影
街道を渡った所の石橋 - 青柳宿に向かって撮影 

境内の御影石製の案内板によれば、祭神は応神天皇(おうじんてんのう)神功皇后(じんぐうこうごう)玉依姫命(たまよりひめのみこと)保食神(うけもちのかみ)墨江三前神(すみのえのみまえのかみ)。この5神を以って「五所」という。神功皇后が三韓神幸の(みぎり)、竜輿を休められた所と伝わる。 表粕屋・裏粕屋・宗像の3郡の総社とされた。

創建の年は不明であるが、延元1336-1339の頃、5度兵火に遭い焼失。 立花道雪の崇敬は篤く、天正11年1583に社殿を造営寄進。 同年島津軍により鳥有に帰す。 黒田藩主は参勤交代の都度社参。 忠之は社殿を、継高は神殿を斉溥(長溥(ながひろ))は拝殿を造営寄進。

応永年間1394-1427に寄進された大般若経600巻は、大正15年に佐賀県嬉野市の慈眼庵[1]で発見され、 現存する11巻の内5巻が本宮に献納された(兵火を逃れるため移されたもの)。

保管されている9枚の棟札うち、明応2年1493のものは九州最古のものという。

境内はクスノキを主体とした原生林となっている。 樹齢1000年という大楠をはじめ多数の大楠をみることができる。 拝殿裏手奥は梅林となっている。


青柳大日如来 標高:13.2m MAP  4km以内の寺院検索

青柳大日如来は室町時代作の金剛界大日如来坐像である。


長泉寺 標高:14.9m MAP  4km以内の寺院検索

  • 長泉寺
    長泉寺 

長泉寺は浄土真宗本願寺派。山号を金華山と云う。


地蔵堂 標高:17.3m MAP  4km以内の寺院検索

地蔵堂前の街道 - 香椎宿に向って撮影
地蔵堂前の街道 - 香椎宿に向って撮影 

地蔵堂の縁起等は不詳。


大師堂 標高:18.7m MAP  4km以内の寺院検索

大師堂前の街道 - 香椎宿に向って撮影
大師堂前の街道 - 香椎宿に向って撮影 

大師堂内には、観音菩薩像・弘法大師像などがみられる。 お堂前には巨大な顕彰碑が2基ある。


太閤水(たいこうみず)前 標高:18m MAP  4km以内の寺院検索

記事は太閤水[新宮町]に譲る。

祥雲寺 標高:19.4m MAP  4km以内の寺院検索

  • 右が祥雲寺 - 青柳宿に向かって撮影
    右が祥雲寺 - 青柳宿に向かって撮影 

祥雲寺は吉光山と号し、西山浄土宗の寺院である。 この手前に太閤水がある。


夜泣き観音 標高:16.9m MAP  4km以内の寺院検索

  • 夜泣き観音内部
    夜泣き観音内部 
  • 夜泣き観音前の街道 - 青柳宿に向かって撮影
    夜泣き観音前の街道 - 青柳宿に向かって撮影 

夜泣き観音は立花山山中にあった立花城陥落時の城主の悲話が元となっているという。


和白入口 標高:17.9m MAP  4km以内の寺院検索

  • 和白入口 - 香椎に向かって撮影
    和白入口 - 香椎に向かって撮影 

街道は写真の左の道を香椎に向かって進む。


駕篭立場跡 標高:24m MAP  4km以内の寺院検索

  • 駕篭立場跡 - 香椎に向かって撮影
    駕篭立場跡 - 香椎に向かって撮影 

和白の入口より前進すると50mほどで緑のトンネル状態となる。そのトンネルをさらに前進すると道が枝分かれしており 道に迷いそうなので引き返した。 カメラの時計が調子が悪く、GPSでの正確な位置確認ができていない。 もう一度、蛇のいない冬場に訪れようと思う。


浄光寺 標高:33.8m MAP  4km以内の寺院検索

  • 浄光寺前 - 香椎に向かって撮影
    浄光寺前 - 香椎に向かって撮影 

浄光寺参照の事。


石原橋 標高:30.3m MAP  4km以内の寺院検索

  • 石原橋 - 香椎に向かって撮影
    石原橋 - 香椎に向かって撮影 

ここから先に香椎と続く。



筑前国続風土記拾遺』巻之42 裏糟屋郡 下 青柳町

民居は上町 横町 下町 仲筋以上町 良泉寺二軒に在り。 町は大道を挟めり。

宿駅にて箱崎へ4里、畦町へ2里の所なり。 國君の別館並に人馬継所あり。

凡此宿を置れし時、青柳村 川原村 今在家村の地を割て一村を立し故に、村々田圃所々に入交れり。 此村の水田鹿部村に近き所に在り。又今在家の圃地川原村の南に在り。 各本村との間に他村の地を隔テたり。 宿の東新町は河原村に属せり。