赤間道  FORMER AKAMA AVENUE

概要

植木の秋祭り
植木の秋祭り 
植木町 図(巻之6鞍手郡)
植木町 図(巻之6鞍手郡)
『筑前名所図会』

長崎街道の木屋瀬渡より遠賀川の渡しを越えたところより始まる。植木から猿田峠 → 吉留(よしとめ) → 赤間までの街道である。

植木については、九州絶佳選-植木の町に詳細が記載されている。

筑前國続風土記』巻之13○植木の項に下記の記述がある。 段落・ふりがな・注釈は作者が挿入した。

東北の方黒崎木屋瀬を過て、(ここ)に来り、 西の方へ通る宿驛也。 此地にも那君の行館あり。 是より赤間へ行く。

民家多し。町の後なる所に、倡優(わざおぎ)[1]の すむ町あり。 家數30軒程あり。是空也上人を祖とし、専九品念佛(くほんねんぶつ)[2] をのみ修行せり。(村中の田の字に、九品田と云所あり。是九品念佛の料田なりしにや。) 今は歌舞傀儡(かぶくわいらい)を以て其(わざ)とす。 博多聖福寺の寺中、志摩郡泊村の大日、遠賀郡蘆屋の念佛の類なり。 此地の倡優は聖福寺の名をかりて、寺中と號す。

又町の西に大池[3]あり。南北5町(545m)、東西4町(436m)あり。 水多くして、國中にて凡23の大塘[4]なり。 下の田地を浸す。此地に蓮、芡實(みずぶき)[5]多し。

[1]倡優(わざおぎ):あやつり人形,役者,芸人のこと

[2]九品念佛:九品浄土に往生することを願って行う念仏。

[3]大池:代行寺脇の牟田池のことかその南の新池のことかわからない。

[4]塘:池 池塘 池,水たまり

[5]芡實:オニバス(スイレン科)の実。現代は"けんじつ"と読む。

筑前國続風土記』のいう「那君の行館」の場所については現在作者は確認がとれていない。

赤間道のルートについては、そのほとんどを『唐津街道―豊前筑前福岡路 (豊前筑前福岡路) (九州文化図録撰書 (5)) 』を参考にしている。 街道を実際に歩く際には携行されると良い。作者も常に携行して歩いている。

ルート

興玉神社 → 渡し場 → 東構口 → 稲荷神社 → 蓮照寺 → 蛭子宮 → 代行寺前 → 中山口信号 → 善行寺 → 徳永酒店前 → 興玉神 → 猿田彦大神の石碑 → 猿田峠口 → 真教寺前 → 永谷天満宮 → 猿田峠 → 豊日神社(猿田彦大神) → 県道29号線との分岐点 → 牛馬供養塔 → 水神社前 → 中ノ尾阿弥陀堂参道口 → 八所宮参道口(新橋) → 吉武郵便局前のセブンイレブン前 → 七社宮 → 赤間宿


地図

※地図中のマーカをクリックすると、その地点の詳細な案内へのリンクが表示されます。

より大きな地図(コントローラボタン付き)で地図を表示。

興玉神社  標高:7.4m MAP  4km以内の寺院検索

  • 遠賀川の渡し場付近
    遠賀川の渡し場付近 
  • 興玉神社
    興玉神社 

長崎街道木屋瀬宿西構口の追分石の表示で"右赤間道"方面に15mほど西に進んだところに鎮座している。

その先には、遠賀川の渡しがあり、川を渡って唐津街道の赤間宿に向かう赤間道が続く。

下に案内板の内容をそのまま記載する。

正徳5年1715の創建と伝える。 祭神は旅の安全を守る猿田彦神。 正しくは猿田彦神社であるが、鳥居の額に「輿玉社」と掲げられ、 地元では腰玉神社、庚申様と称している。 元は石祠であったが、昭和9年1934に現在の社殿が建てられた。


渡し場 標高:6m MAP  4km以内の寺院検索

  • 対岸の興玉神社
    対岸の興玉神社 
  • 渡し場付近
    渡し場付近 

ここは長崎街道の木屋瀬宿の対岸で、ここから船で木屋瀬宿に渡る。 興玉神社は写真の中央の銀杏の木のところにある。木屋瀬宿の渡し場もその付近にあった。


東構口 標高:9.3m MAP  4km以内の寺院検索

  • 東構口
    東構口 
  • 町屋敷橋
    町屋敷橋 

写真手前は27号線。植木宿はここから始まる。 町屋敷橋は、構口より少し宿に入ったところにある。風格を感じる。

ここより西に200mほどの所には明蓮山 聖福寺(攘夷度真宗本願寺派)が伽藍を構えている。


稲荷神社 標高:7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 稲荷神社
    稲荷神社 
  • 稲荷神社前の通り - 赤間宿に向かって撮影
    稲荷神社前の通り - 赤間宿に向かって撮影 

未稿


蓮照寺 標高:6.6m MAP  4km以内の寺院検索

  • 蓮照寺
    蓮照寺 
  • 門前の赤間道 - 赤間宿に向って撮影
    門前の赤間道 - 赤間宿に向って撮影 

蓮照寺は浄土真宗本願寺派のお寺である。


蛭子宮 標高:6.5m MAP  4km以内の寺院検索

蛭子宮
蛭子宮 
蛭子宮前の街道 - 赤間宿に向かって撮影
蛭子宮前の街道 - 赤間宿に向かって撮影 
狛犬
狛犬 

境内の狛犬が歴史を感じさせる。製作年などは読み取れない。


代行寺(だいぎょうじ)前 標高:10.1m MAP  4km以内の寺院検索

  • 代行寺前 - 赤間宿に向って撮影
    代行寺前 - 赤間宿に向って撮影 

写真右手が草龍山 代行寺で日蓮宗のお寺である。写真左手には牟田池がある。


中山口信号 標高:11.8m MAP  4km以内の寺院検索

  • 中山口信号 - 赤間宿に向かって撮影
    中山口信号 - 赤間宿に向かって撮影 

写真前方の山は剣岳である。


善行寺 標高:12.4m MAP  4km以内の寺院検索

門前の街道
門前の街道 
善行寺の掲示板
善行寺の掲示板 
本堂
本堂 
本堂内
本堂内 

善行寺は浄土真宗本願寺派のお寺で山号を竹林山と言う。 本堂前でお参りをしていると坊守さんのお母様が気さくに「お茶でものんでいってください」 とおっしゃるので遠慮なく本堂に上がらせて頂き、お茶をご馳走になりながらお寺の歴史を伺った。(2009-09-20) その時のメモを無くしてしまい正確な内容を記載できない。またお参りに行こう。 本堂の阿弥陀如来様の上の欄間は年代ものと伺った。


徳永酒店前 標高:9.5m MAP  4km以内の寺院検索

  • 徳永酒店前 - 赤間宿に向かって撮影
    徳永酒店前 - 赤間宿に向かって撮影 

街道はここを直角に右に進む。


興玉神 標高:7m MAP  4km以内の寺院検索

興玉神
興玉神 
興玉神
興玉神 
興玉神の街道
興玉神の街道 

よく見ると、石塔の上にはうさぎの像が乗っている。


猿田彦大神の石碑 標高:18.8m MAP  4km以内の寺院検索

猿田彦大神石碑の街道 - 猿田峠を背にして撮影
猿田彦大神石碑の街道 - 猿田峠を背にして撮影 
お地蔵様
お地蔵様 
猿田彦大神石碑
猿田彦大神石碑 

石碑の側面に「天明二年(1782年)」の銘がある。 また、猿田彦大神の前を20mほど猿田峠側に進むとお地蔵様が鎮座されている。


猿田峠口 標高:15.2m MAP  4km以内の寺院検索

  • 猿田峠口 - 赤間宿に向かって撮影
    猿田峠口 - 赤間宿に向かって撮影 

街道はこの分岐点を左に進む。


真教寺前 標高:40.1m MAP  4km以内の寺院検索

  • 全景
    全景 
  • 真教寺の街道 - 赤間宿に向かって撮影
    真教寺の街道 - 赤間宿に向かって撮影 

真教寺は浄土真宗本願寺派の寺院で山号を慈光山という。 お寺の裏手にはその昔、炭鉱(新目尾(しんしゃかのお)炭鉱)が あったと言う。 下記のページを参照してください。

新目尾炭鉱

また、この地区では「永谷の盆綱」が毎年開催されている。 この辺は古い街並みが続く。


永谷天満宮 標高:42.5m MAP  4km以内の寺院検索

  • 天満宮 - 赤間宿に向かって撮影
    天満宮 - 赤間宿に向かって撮影 
  • 天満宮前の街道 - 赤間宿に向かって撮影
    天満宮前の街道 - 赤間宿に向かって撮影 

このあたりは上り坂で、街道はこの先でR29と合流し、猿田峠に向かう。

永谷天満宮|玄海の風参照のこと。


猿田峠 標高:71m MAP  4km以内の寺院検索

猿田峠 - 赤間宿に向かって撮影
猿田峠 - 赤間宿に向かって撮影 
猿田峠バス停 - 赤間宿に向かって撮影
猿田峠バス停 - 赤間宿に向かって撮影 
境界石
境界石 
境界石
境界石 
境界石
境界石 

この付近は夏場は涼しくて気持ちがよいが、冬場は雪も深い場合もあったと思われる。

この付近には昔、境界石があったという。現在は鞍手町歴史民族資料館に保管されている。 右の写真はに同資料館を訪問し、収納庫にあるものを見せていただいたときのものである。 境界石は二本あり、それぞれ「是従東長谷村」「宗像」が読み取れる。

資料館の係の方のお話によれば、この峠の山中に放置されていたものを収納したとのことである。 無残にも二本とも折れている。

「長谷村」とは、峠を東側に下ったところの永谷の集落のことという。(上の永谷天満宮の鎮座する場所周辺である)


豊日神社(猿田彦大神) 標高:58.8m MAP  4km以内の寺院検索

豊日神社一の鳥居(寛政4年銘)
豊日神社一の鳥居(寛政4年銘) 
本殿
本殿 
一の鳥居の束額 - 2009年当時は落下していた
一の鳥居の束額 - 2009年当時は落下していた 
猿田彦大神の石碑 - 一の鳥居の脇
猿田彦大神の石碑 - 一の鳥居の脇 
石段
石段 
石段
石段 
鳥居前の街道 - 赤間宿に向かって撮影
鳥居前の街道 - 赤間宿に向かって撮影 

猿田峠を越えて赤間宿側に降りた地点である。 一の鳥居には寛政4年1792の銘。 その脇の灯篭には文久2年1862の銘。

一の鳥居より長い石段を上り本殿まで登る。 石段は苔むしてはいるがしっかりしている。 本殿は小さな(ほこら)のみ残っている。祠の周囲は建物の基石と思われるものがある。 その昔はりっぱな建物があったと思われる。


県道29号線との分岐点 標高:32.6m MAP  4km以内の寺院検索

分岐点 - 赤間に向かって撮影
分岐点 - 赤間に向かって撮影 
分岐点より少し先の街道
分岐点より少し先の街道 
分岐点よりさらに少し先の街道
分岐点よりさらに少し先の街道 
街道脇のヤマイイチゴ
街道脇のヤマイイチゴ 

街道はここで県道29号線を分かれ、旧道に入る。

ここより水神社を通り、八所の参道口までの区間は、道幅1間半程度。 当時のままのもののようである。 道は舗装されてはいるものの昔の街道の様子がよく保存されているようである。 道の両脇は雑木林となっている。

街道はここから上り坂。水神社の鳥居あたりが頂上となる。 散策にはもってこいのポイントである。


牛馬供養塔 標高:42.2m MAP  4km以内の寺院検索

供養塔
供養塔 
供養塔(側面、表面以外はコンクリートで補強されているようである)
供養塔(側面、表面以外はコンクリートで補強されているようである) 
供養塔(遠景)
供養塔(遠景) 
供養塔(前面拡大)
供養塔(前面拡大) 
供養塔前の街道 - 赤間に向かって撮影
供養塔前の街道 - 赤間に向かって撮影 
供養塔前の街道 - 猿田峠に向かって撮影
供養塔前の街道 - 猿田峠に向かって撮影 

街道の傍らにぽつんと立っている。

表面(おもてめん)の中央の行に「牛馬供養■」の文字。 左右の行にも何か年号のような数字が刻印されているが判読不能。

この塔の表面以外はコンクリートで補強されているようである。


水神社 標高:42m MAP  4km以内の寺院検索

神社手前の街道 - 猿田峠側より撮影
神社手前の街道 - 猿田峠側より撮影 
神社手前の街道 - 猿田峠側より撮影
神社手前の街道 - 猿田峠側より撮影 
本殿
本殿 
本殿奥の猿田彦大神の石碑(画面右手)
本殿奥の猿田彦大神の石碑(画面右手) 

『筑前國続風土記附録』巻之33 宗像郡 中 吉留村の項に下記の記事があるのみである。

○水神社ナカノ

猿田峠より赤間宿に向かう途中に鎮座されている。 本殿奥には猿田彦大神の石碑がある。

街道はこの辺りが峠となる。ここからは下りである。


中ノ尾阿弥陀堂参道口 標高:40.2m MAP  4km以内の寺院検索

境内の石仏群
境内の石仏群 
阿弥陀堂(左)と大師堂
阿弥陀堂(左)と大師堂 
阿弥陀堂前の街道
阿弥陀堂前の街道 

御堂は街道右手の丘の上にある。 宗像四国東部霊場第53番の札所となっている。

現在の参道口は裏手の県道29号線側となっているようだが、昔はここが参道口であったのかもしれない。

境内には、阿弥陀堂・大師堂・多数の石仏群がみられる。


八所宮参道口(新橋) 標高:20.5m MAP  4km以内の寺院検索

ここには、朱色の欄干の橋がある。


吉武郵便局前のセブンイレブン前 標高:19.9m MAP  4km以内の寺院検索

  • セブンイレブン前 - 赤間宿を背にして撮影
    セブンイレブン前 - 赤間宿を背にして撮影 
  • 亀の尾酒造
    亀の尾酒造 

ここより北方向のほど近いところに伊豆酒造(銘柄は"亀の尾")がある。 看板によれば創業は享保2年(1717年)とある。


七社宮(ななしゃぐう) 標高:14.4m MAP  4km以内の寺院検索

七社宮
七社宮 
太郎坊社七所宮図(巻之8宗像郡)
太郎坊社七所宮図(巻之8宗像郡)
『筑前名所図会』

宮前の掲示板には"赤馬(間)"の地名の由来が記載されている。 この先は唐津街道赤間宿である。

"七社宮 | 玄海の風"に詳しい記事が載っている。